透析担当の看護師の仕事とは

透析とは、腎臓の機能が低下したり停止するなどの腎不全を起こした患者さんに対し行う医療行為です。人工的に腎臓の代替を行い、定期的に水分量の維持、老廃物の排出、電解質の維持などを目的として行います。この治療を行なわなければ、尿毒症を発症してしまう事が多く、命に関わる事に繋がりかねません。そのため、しっかりと医師と相談した上で、人工透析治療を受け続けなければなりません。 人工透析は、医師立会の元、看護師と医師で治療を行います。透析担当の看護師の一番重要な仕事内容は、透析中の観察です。

実際に私は、以前勤めていた病院で透析担当の看護師として働いていました。透析するための針を刺したりなどの医療行為を行なっていましたが、それと同じ位気にして働いていた事は、透析中の患者さんの観察と、栄養指導、コミュニケーションでした。透析している患者さんの不安を取り除くお手伝いをしたり、自宅に戻ってから自分で出来る生活改善などのアドバイスなどをお話する事で、改善に繋がっていくことにやりがいを感じていたからです。透析担当の看護師というと、大変そうと思われがちですが、すごくやりがいのあるお仕事だと感じています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ