外来勤務の看護師の業務内容について

看護師の種類をその業務形態の違いで分けると、病棟勤務と外来勤務の2種類に分けることができます。最近は、結婚や出産を機に一時的に現場を離れていた看護師の方が、子供が手を離れるのと同時に職場復帰するケースが多く、その際には日勤中心の外来勤務が好まれる傾向があります。 病棟勤務には夜勤や泊まり勤務がつきものですから、傍から見ていると、日勤のみの外来勤務の方が楽そうな印象を受けてしまいますが、必ずしもそうとは言い切れません。

まず、外来勤務であれば、一日中立ちっぱなしでいることになりますので、体力的にかなりキツいです。また、外来にはどのような患者が訪れるかわかりませんので、たとえ疲れていても、臨機応変に瞬時の対応をすることが要求されます。病院によっては、本来であれば事務の人がするべきような伝票やカルテの整理なども行わなくてはならないケースもありますので、時間と雑用に追われるかなりハードな業務だと言うことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ