看護師の外科の業務内容は科によって

医師や看護師の業務内容は、診療科目によって違ってきますが、薬物療法などが主な治療法の内科に対して外科の場合は手術が主になります。また同じ外科であっても、治療の対象が広範囲にわたるため、消化器系や呼吸器系、脳神経系などいくつもの専門分野に分かれています。消化器系では手術の前後には患者の食事にも気を配らなければいけませんし、脳神経系の場合には体に麻痺がある人や言語に障害を持つ患者も多いため、麻痺などの専門的な知識や技術も必要です。

オペ室は手術を専門業務とするため業務内容が明確であり、患者の回復を目のあたりにでき看護師にとって遣り甲斐を見いだしやすいと言われています。業務内容には、オペ室の備品や整備の管理や外来や病棟からの患者の引継ぎをはじめ多岐にわたり、手術には命にかかわるという面があり、一刻を争うことも多いため看護師には常に冷静で、的確な判断力が必要とされる精神的にも肉体的にもハードな仕事です。

看護師の訪問看護の業務内容について。

訪問看護の際の看護師の業務内容について説明していきます。まず、訪問看護とは、訪問看護ステーションから病気や障害のもった人が住み慣れた地域や自宅で、その人らしく療養生活できるように、生活の場へ訪問し、看護ケアを提供して自立への援助を促し療養生活を支援するサービスのことです。また、医師や医療機関と連携を図りさまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案していきます。

業務内容として、症状や障害、全身状態の観察をはじめ、日常生活の看護、リハビリテーション医師の指示による医療処置(褥瘡の処置、経管栄養、在宅酸素機器などの手伝い)、介護者の支援や相談、介護サービス、介護用品に関するアドバイス、在宅でのターミナルケア、緊急時の対応・連絡・連携などがあげられます。

訪問看護師に求められる役割として、患者さんや家族さんの心の状態に気を配り気持ちを和ませるなどのコミュニケーション能力が必要となります。また、何気ない会話から患者さんの不安や状態をくみ取り、医師へフィードバックしたり自立支援を行うのも重要な仕事と言えます。

【参考】訪問看護師に求められるスキルについて

介護施設への転職を考えている看護師の方へ

看護師の就職先・転職先として最も多いのが病院であることは言うまでもありませんが、医療機関以外の各種施設に職を得るというのも選択肢のひとつです。それらの職種を総称して「施設看護師」と呼んでいますが、その職場のひとつに介護施設があります。介護施設には、介助なしには日常生活を送ることが困難な人が長期入所するタイプのものと、自立生活を目指してリハビリテーションを行うことを目的とするタイプの2つがありますが、いずれも看護師を置くよう定められています。

業務内容としては、入所者の健康管理・軽い怪我などの応急手当・入所者及び施設職員への衛生管理指導といった仕事を主に担当します。介助やリハビリ自体はそれぞれ専門の介護職員や理学療法士などが行うため、サポート的な業務が中心となりますが、施設によっては完全な分業体制になっていない場合もあり、入所者の日常生活全般に係るケアを行うこともあります。また、施設のタイプによっては医師の常駐が義務付けられていないところもあるので、その場合は嘱託医・かかりつけ医との連絡業務も受け持つこととなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ